message
酵素を含む食べ物について説明します。
酵素と食品の関係

酵素を多く含む食品

私達が好むハンバーグやラーメン、うどん、焼肉や天ぷらなどでは十分な食物酵素を吸収することができません。
酵素は熱で分解されてしまうので、生の食材から吸収するしかないからです。

では、どのような食材に酵素が多く含まれているのでしょうか?
まず、酵素は果物に多く含まれている傾向があります。
ぶどうやバナナ、マンゴーやキウイ、パイナップルなどが特に多く、酵素を含んでいます。

野菜だとキャベツやにんじん、ピーマンや玉ねぎ、大根などに多く含まれています。
特にキャベツや玉ねぎはサラダなどの生食に向いているので、おススメの野菜と言えます。

他にもはちみつやオリーブオイルなども酵素が多く含まれているので、サラダに生のままドレッシング替わりで使用したり、手作りミックスジュースの甘味料替わりに使用するのもおススメです。

そして、発酵食品もたくさんの酵素が含まれています。
醤油や味噌、納豆に漬物やキムチ、チーズやヨーグルト、ビールやワインなどにもたくさんの酵素が含まれています。
日本人が西洋人よりも若々しく健康で長生きなのも、古くから味噌や漬物や醤油を食べてきたのが要因だと言えます。

普段の仕事が忙しく、ファーストフードや手軽に食べられるラーメンや牛丼ばかり食べている人は、意欲的に酵素の多い食材をサイドメニューとして食べることが健康的な毎日を過ごすために必要だと言えます。